ゴールデンウィークに善光寺に行ったの(2)

二日目のお宿は上林温泉の和風ホテル。
高地のためまだ桜や梅が咲いていてとてもきれい & お宿入りが早意時間だったため、お庭を散歩したり、のんびりお風呂に入ったり……。ちょっと贅沢して貸切風呂に入ってみた。45分で1500円也。貸し切り、というには十分すぎる広さで露天風呂付き、これはいい!!
画像


お夕食は、旬の山菜、すき焼きなど。初体験で、日本酒の”ます酒”をいただいてみた。日本酒がグラスになみなみ注がれ、ますにあふれている。
セコい話ですが……ますにあふれた日本酒ってどうするの?
「ちびまる子ちゃん」に出てくる”ひでじい”を若くしたような、品のいいレストランの係りのおじさんに聞いてみたところ、
グラスの中の日本酒をある程度いただいてからグラスの”おしり”をおしぼりで拭いて、ますにあふれている日本酒をグラスに移して飲んでしまって○とのこと。

三日目……
午前中は、古い蔵造りの町並みが残る須坂を散策。
田中本家博物館では、屋内には古い雛人形や着物、調度品などが飾られ、屋外では、四季折々に見事な色合いを見せてくれる庭を散歩。
散策後、1時ごろJR長野駅に到着。で、観光列車「ろくもん」2号に乗車、これがまたいい!!
画像

木のぬくもりが気持ちいい車内は、1両目がファミリー向けで広めの座席とボールプールスペース、売店があり、2両目は車窓を眺めるタイプのカウンター、3両目は障子付の個室、それぞれに個性ある車両。
まずはランチ、小布施の料理屋監修の2段重のお弁当は
画像

お重にきれいに詰められた季節の & 地物のお料理は小布施の料亭”鈴花”さん監修によるもの。
と、よもぎ豆腐、お吸い物、じゃこごはんは温かいもの。
ランチの後は、和菓子とお抹茶 & 記念のお土産付!
画像

途中、主要駅では10分ほど電車を止めて、産直品販売、記念撮影、駅前に作られた花壇の散策など、盛りだくさんのメニューが用意されていて、約2時間の旅はあっという間よ。

終点の軽井沢では、残念なことにフリータイムはなく、バスで東京へ、これで今回の旅行は終了。つつがなく、Mimiyは新宿でバスを下車し、JRで帰宅しました。
お天気にも恵まれ(ちょっと暑かったけど)春のお花もとてもきれいで、楽しいこと盛りだくさんの旅行でした。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック