米国では……

黒人少年を射殺した白人警官が不起訴になった件で暴動がおきている由
自由の国の代表格である米国に、未だに黒人差別があることが理解できないし、
暴徒化した黒人たちが周辺商店を襲う、というのも理解できない。
他国の人種問題には差別をなくすよう声をあげ、現代社会のリーダーシップをとっていながら、自国の足元はおぼつかない。
また、自分たちの言い分が通らないと暴徒化し、関係ない周りに迷惑をかけるのは八つ当たりでしかない。
一方は、話し合ってもダメなら力で、といい、他方は力は力で制圧するという、なんとも人間的でない堂々巡りではないの?
黒人差別をちゃんと理解できているほど世界史は得意じゃないけれど、
”アメリカ”なんだもん、そのパワーと知識とヒューマニズムをもって、歩み寄ることってできないものかしら……。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック