アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ブックレビュー」のブログ記事

みんなの「ブックレビュー」ブログ

タイトル 日 時
★宮部 みゆき著「希望荘」
昨今、かなり暑くなってきた東京地方、ボチボチ冷房のお世話になってるMimiyです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/24 23:01
★柏井寿著「京都嵐山桜紋様殺人事件」
5月になり、春、というよりも、次の季節がすぐそこまで来ているような昨今の東京地方 Mimiyのブックレビュー、今回は、柏井寿著「京都嵐山桜紋様殺人事件」 「桜」というにはちょっと遅すぎましたが…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/03 22:26
★東野圭吾著「人魚の眠る家」
昨今、だいぶ暖かくなってきました & 会社の帰り道がちょっと明るくなってきたことがちょっとうれしいMimiy。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/12 15:51
★三浦しをん著「神去なあなあ夜話」
インフルの倦怠感で、パソコンともスマホとも遊べず、すごく暇なわりにはテレビも見ずに、 視覚障碍者用の音声図書を大量にダウンロードして、読書三昧。 思えば、サラリーマンが大っぴらに1週間もゴロゴロ過ごせるのってインフルにかかった時くらい 正直、たまにはいいか?? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/15 22:20
★内館牧子著「終わった人」
Mimiyのブックレビュー、今回は、内館牧子著「終わった人」 ひところ、すごく話題になってた一冊ね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/24 22:38
★角田光代著「紙の月」
★角田光代著「紙の月」 久しぶりにMimiyのブックレビュー。本はそこそこ読んで(音声図書を聴いて)いるんだけど、ちっともブックレビューを書いてない……。 で、今日は、角田光代著「紙の月」、少し前、映画化されて話題になった作品ね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/19 00:13
★湊かなえ著「物語のおわり」
Mimiyのブックレビュー、本は読んでるんだけどちっとも書いていない、で、今回は 湊かなえ著「物語のおわり」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/22 21:39
お誕生日おめでとう miffy!
6月21日はmiffyちゃんのお誕生日。 デビュー作「ちいさいうさこちゃん」がオランダで出版されたのが61年前の6月21日なんですって。 かわいい顔してるけど、miffyは61歳、Mimiyよりもだいぶお姉さん、ということになります。 どうりで物心ついた時から、いつもそばにいてくれて、大好きだったはず。 かわいいクマちゃんも好きだけど、やっぱりmiffyでしょ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/22 23:04
★荻原浩著「誘拐ラプソディー」
ゴールデンウィークもあっけなく終わり、強風と蒸し暑い日が続く東京地方、 Mimiyのブックレビュー、今日は荻原浩著「誘拐ラプソディー」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/10 22:19
★大崎 梢著「キミは知らない」
Mimiyのブックレビュー、今回は大崎梢著「キミは知らない」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/22 20:51
★久坂部 羊著「神の手(上・下)」
Mimiyのブックレビュー、今回は 久坂部 羊著「神の手(上・下)」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/24 21:33
★水上勉著「陽だまりの歌」
Mimiyのブックレビュー、今回は、水上勉著「陽だまりの歌」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/24 23:56
★池波正太郎著「忍びの女(上・下)」
読書の秋です、で、今日のMimiyのブックレビューは、憧れの(?)池波作品! 池波正太郎著「忍びの女(上・下)」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/07 22:02
★木下半太著「悪夢の六号室」
Mimiyのブックレビュー、今回は木下 半太著「悪夢の六号室」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/19 22:42
★今邑彩著「蛇神」
Mimiyのブックレビュー、昨今、遅々として読書がはかどらないのは単に眠いせい……。 今回は、”秋”を意識して……今邑彩著「蛇神」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/04 22:22
★今井舞著「今井舞がゆく 気になる「あそこ」見聞録」
Mimiyのブックレビュー、今回は今井舞著「今井舞がゆく 気になる「あそこ」見聞録」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/19 21:36
★湊かなえ著「高校入試」
Mimiy のブックレビュー、今回は湊かなえ著「高校入試」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/02 21:41
★内田康夫著「浅見光彦四つの事件〜〜名探偵と巡る旅」
Mimiyのブックレビュー、今回は内田康夫著「浅見光彦四つの事件〜〜名探偵と巡る旅」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/14 22:58
★松本清張著「砂の器」
Mimiyのブックレビュー、今回は、松本清張著「砂の器」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/31 21:55
★東野 圭吾著「マスカレードホテル」
Mimiyのブックレビュー、今回は東野 圭吾著「マスカレードホテル」。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/18 21:54
★石井光太著「蛍の森」
Mimiyのブックレビュー、今回は石井光太著「蛍の森」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/13 22:01
★馳 星周著「帰らずの海」
Mimiyのブックレビュー、今回は馳 星周著「帰らずの海」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/28 22:27
小路 幸也著「すべての神様の十月」
信心深いわけではナイケレド、案外近くにいるかもしれない神様 関わることで人は、一見不幸になったり、命すら失ってしまったりするけれど、神様には神様の言い分があって、決して人の不幸せを願っているわけではない。 本書は、神様とのやり取りを通して、日常の中に小さな幸せを見つけたり、立ち止まってもまた歩き出す勇気をもらったり、心がホッコリ温かくなるような短編集。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/17 21:44
★東野圭吾著「祈りの幕が降りる時」
Mimiyのブックレビュー、今回は東野圭吾著「祈りの幕が降りる時」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/14 23:41
三浦しをん著「神去なあなあ日常」
Mimiyのブックレビュー、今回は、三浦しをん著「神去なあなあ日常」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/26 23:03
東野圭吾著「カッコウの卵は誰のもの」
Mimiyのブックレビュー、今回は東野圭吾著「カッコウの卵は誰のもの」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/12 21:27
葉室麟著「蜩ノ記」
Mimiyのブックレビュー、今回は先ごろ映画化されて話題になった葉室麟著「蜩ノ記」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/17 22:09
松本清張著「点と線」
Mimiyのブックレビュー、今回は松本清張著「点と線」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/28 21:39
柴崎 友香著「春の庭」
Mimiyのブックレビュー 今回は、第151回(2014.7)芥川賞受賞作品、柴崎 友香さんの「春の庭」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/21 22:07
山本一力 著「あかね空」
Mimiyのブックレビュー、今回は山本一力著「あかね空」 上方から江戸へ下った豆腐職人を助け開店、営業し、ついには表通りに店をもつまでになった女性の、いわゆる”一代記”。 若き日には下駄の音を軽快に響かせ、機転の効く彼女が、やがて、長男を偏愛する姿は滑稽を通り越して異様にも感じられ、やがては、家族にひずみが生じてくるのはせつない。 作品前半で、彼女が夫と見上げるあかね色の空も、終章で息子夫妻が見上げるあかね空も、等しく、これから築いていく新たな生活を象徴している。つらいことも、悲しい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/09 22:01
東朔水著「ひぐらし神社、営業中」
Mimiyのブックレビュー、今回は東朔水著「ひぐらし神社、営業中」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/24 22:37
道尾秀介著「鏡の花」
Mimiyのブックレビュー、今回は道尾秀介さんの「鏡の花」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/15 22:11
東野圭吾著 「悪意」
Mimiyのブックレビュー、今日は東野圭吾さんの「悪意」 この作品は、事件の第一発見者(すぐにわかるから書いちゃうけど犯人!)の事件見聞記録と、東野作品ではおなじみの加賀恭一郎刑事の捜査記録を交互に章立てしていて、双方が腹の探り合いをしている中、読者はどう推理する?という流れ。 犯人はさっさと自供しているけれど、動機を語ろうとしない。 そこで、加賀恭一郎が、犯人の過去をさかのぼりながら”動機探し”をする中で、加賀が以前務めていた教職を捨てて刑事になったいきさつも語られ、彼のつらい記憶と苦し... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/07 22:41
三浦しをん著 「まほろ駅前多田便利軒」
Mimiyのブックレビュー、今日は三浦しをんさんの「まほろ駅前多田便利軒」 第135回直木賞受賞作品よ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/02 22:11
瀬戸内寂聴著 「すらすら読める源氏物語」
Mimiyのブックレビューの第1回は「源氏」……一応文学部だったので (*_*) この本、タイトルのとおり、とにかく読みやすい! 平易な文章で、和歌には注釈とその意味する”心”も添えてくれているので、作品の中にす〜っと入っていける、それでいて、作品そのものの品格はちっとも損なわれていないのがさすがよ! テレビなどでおなじみの瀬戸内さんが、ステキな笑顔で語り聞かせてくださっているようで、Mimiyは気にいってます。 もっとも、和歌の解釈を「うっとうしい」と思っちゃう優秀なかたにはお勧めでき... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/24 21:56
「週刊シルクロード」
この冬最強の寒波の襲来とやら、寒い寒い。 先週ずっと多忙だったし、今日はちょうど何の予定もない土曜日、 こんな日は一日ホットカーペットの上でゴロゴロするのが最高。 お天気はいいので、窓際にいると暖かだしね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/04 19:48

トップへ | みんなの「ブックレビュー」ブログ

HappyMimiyのひとりごと ブックレビューのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる