HappyMimiyのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ★三浦しをん著「神去なあなあ夜話」

<<   作成日時 : 2017/01/15 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

インフルの倦怠感で、パソコンともスマホとも遊べず、すごく暇なわりにはテレビも見ずに、
視覚障碍者用の音声図書を大量にダウンロードして、読書三昧。
思えば、サラリーマンが大っぴらに1週間もゴロゴロ過ごせるのってインフルにかかった時くらい
正直、たまにはいいか??

というわけで、Mimiyのブックレビュー、今回は、三浦しをん著「神去なあなあ夜話」
三重県の山村で林業に励む主人公、寄宿する家族や仕事仲間、村人たちとの営み、生活、
ちょっと不思議な年中行事、そして恋……。
主人公の感じたままを、読者を想定しない日記形式でつづる本書は「神去なあなあ日常」の続編で、
村で過ごす2年目、すっかりたくましく成長し、村に溶け込んだ青年の姿が感じられる。
彼がすっかり魅せられた、自然の美しさや厳しさ、そして威厳を追体験しつつ、多忙な日常から離れて、
「なあなあ」(のんびり、穏やかに)流れゆく時間を見送りながら本書を味わうのもいいかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★三浦しをん著「神去なあなあ夜話」 HappyMimiyのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる